新型コロナウィルス対策について

当院では感染予防対策として以下の取り組みを行なっています

<院内感染予防として行なっている通常の取り組み>

  1. マスクと医療用グローブ(ニトリル手袋)、フェイスシールドの着用
  2. グローブ・エプロン・コップを患者さまごとに交換
  3. 飛沫感染(エアロゾル)対策のため全診療台にて口腔外吸引装置設置
  4. 治療器具(歯を削る器具、入れ歯などの調整器具など)を患者さまごとに滅菌消毒
  5. スタッフの頻繁な手洗いと手指消毒
  6. 診療台などを消毒液・次亜塩素酸水によって清拭
  7. 診療室・待合室での自動空気清浄及び、次亜塩素酸水の自動噴霧
  8. 待合室ソファ・チェア・備品類の消毒
  9. 水浄化システムの導入

     

<新型コロナウィルス対策としての更なる取り組み>

  1. 玄関、待合室への消毒液の設置
  2. ドアノブ、取って、手すりの次亜塩素酸水による清拭
  3. 常時換気
  4. 毎日、全スタッフに対する体温測定、健康管理
  5. 咳エチケットの徹底
  6. 外来患者さんの体温測定(患者間の感染防止)
  7. 患者さまへの協力要請

自己申告以来 以下に該当する方はお申し出ください

  • 14日以内に発熱や風邪のような症状があった方
  • 鼻症状などはないが、味覚・嗅覚に突然の異常がでた方
  • 14日以内に家族に発熱があった方
  • 2月1日以降に、ご自身または同居者が海外渡航された方

また、待合室では必ずマスクの着用をお願いしております。ご協力のほど、何卒よろしくお願い致します。                 院長