ウェルネスサポートについて

当院では、インプラント治療の後、無料で3回のメンテナンスを行っています❗️

治療したインプラント体が機能しているか、ご自宅でのメンテナンス法を習得できているか等をしっかり確認させていただきます☺️

インプラントを入れた周りの歯茎が歯周病になる事を、インプラント歯周病と言います。通常の歯周病とは違い、自覚症状がなく早く進行し、治りが遅い事が特徴です😞

インプラントは天然歯と異なり、チタンで出来ているため専門知識と熟練したケア技術、メンテナンスがとても重要になってきます❗️

治療後の安全性を考えたサポートを実施していますよ👍

口腔内用カメラ〜ドクターカム〜

当院では、虫歯が見つかった時や、治療中の歯の状況を分かりやすくお伝えするために、ドクターカムというカメラを使って写真を撮らせていただいてます❗️

ただ鏡を見ながらの確認だと、奥の方は見えにくく分かりづらいです😞

下の写真は、虫歯治療のビフォアフターです。

虫歯をとった箇所をプラスチックで埋めてます☺️

自己免疫力強化について

「抗加齢医学を実践する臨床医の会」のメンバー渡邊昌先生が、文部科学広報(文部科学省発行)で「玄米食は自己免疫力を高める」ことについて新型コロナウィルスとの関係に至るまで室伏広治スポーツ庁長官と対談されました❗️

対談内容は、以下のリンクから文部科学広報最新の3月号デジタルブックで見ることができます☺️

http://a.k3r.jp/healthy/23113C29595G87

院内設備のご紹介

しばた歯科では、インプラント手術や無痛歯科治療などを行っており、安心して治療を進められるようオペ室を設けています❗️

オペ室は完全個室となっています☺️

不明.jpg 不明.jpg

 

また、無痛歯科治療を行う際に必要な生体モニターなどもあります。

不明.jpg 不明.jpg

これは、血圧や心電図、脈拍、血液中の酸素濃度を継続して測る機械のことで患者さまの急な容態の変化を捉えることに適しています👍

歯科恐怖症の患者さまでも治療を受けられる環境を整えています✨

 

訪問診療についてのご案内

しばた歯科では、寝たきりの方やお体が不自由な方へ歯科往診サービスを行っています👍

しばた歯科より半径16km圏内であれば、ご自宅、施設にかかわらず訪問可能です😄

健康維持のためにお口のケアをおすすめ致しますので、お気軽にお問い合わせください📞不明.jpg

噛ミング30について

前回の8020運動に続いて、同じく厚生省が推進している『噛ミング30(カミングサンマル)』のお話です❗️

健康寿命を延伸するために、口腔の健康と関連して食育を推進していくことを重要視しています。食育を推進する一助として、一口30回以上かむことを目標とした、噛ミング30があります。

これは、食育の他にも幼児・高齢者の誤嚥や窒息の防止、う蝕や歯周病の改善に基づいた取り組みの一つです😄

不明.png

たくさん噛むことのメリットは、前回記載した通りです❗️

口腔の健康を目指して、思い出した時でも構いませんので30回噛むよう意識してみてはいかがでしょうか?

 

8020運動とは?

皆さん8020(ハチマルニマル)運動をご存知ですか?

平成元年より、厚生省と歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。

20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することができ、美味しいものを食べ続けることができます❗️

この運動が始まった当初は、達成率がたった7%程度でしたが、平成28年には当初の目標である50%を達成しました👏

今では80歳以上の二人に一人は20本以上の歯をキープ出来ています☺️

歯を失う原因で最も多いのは歯周病です。歯周病から歯を守るには日々のセルフケアが重要になります。自分では出来ない歯垢や歯石の除去はお任せ下さい💪

また、よく噛むことで歯を丈夫にすることができ、以下のような効果があります❗️

・発音がしっかりする

・口臭の改善

・胃腸がスッキリする

・肥満の防止

・脳の活性化

・味覚の発達

・癌の予防

自分の歯を長く残すために、よく噛んでしっかりと口腔ケアをし、健康寿命の延伸も目指していきましょう👍

 

無痛歯科治療について

当院では、無痛で治療ができる鎮静下歯科治療を行っています。

鎮静麻酔薬を静脈に点滴すると、1〜2分で眠気が強くなり眠ってしまいます💤

眠っている間に治療を行い、目覚めたら15分程度お休みいただきます^^

歯の治療が怖い方や、仕事などで忙しく通院する時間がない方にオススメしております☺️

一度の鎮静下で多くの治療が同時にできるため、短期間での治療が可能ですよ👍

 

無痛歯科治療(鎮静下歯科治療)は自費治療になり、受診する場合は術前検査をさせていただきます❗️

胃カメラの時も麻酔を選択されるように、一般に使用される治療法なので、安心してご相談下さい😄✨

 

本の紹介

一般社会法人日本訪問歯科協会さん監修の『口から健康まるごとBOOK』という本に、院長が執筆しているページがあります❗️

誤嚥について対処法などが書かれているので、参考のためぜひ読んでみて下さい📖👀

不明.jpg